camera/photo

手書き文字写真って可愛い

みなさんこんにちは、旅ロスなぺこです。ちゃんとブログの更新を頑張ろうと思い、連続更新。有益な情報かどうかというのは置いておいて(置いておいちゃダメ)継続して少しずつでも続けて行こうとおもいます!

最近旅に出れていないので、旅の写真がぜーんぜんない…

今までの海外ひとり旅の話もおいおいして行こうと思いますが、ロングテールになりそうなので、今回は、大好きな写真について、最近ハマっていることをご紹介いたします。

ただ美しい景色を写真を撮るのも大好きなんですが、その写真をアレンジするのも最近楽しいな〜って思ってやってみたら…

はまった。

https://assets.st-note.com/production/uploads/images/30002296/picture_pc_8499470e42bd450270b5b04c4c73d446.jpg

個人的な趣味には変わりないんですけど、エモい写真をもっとエモくできるといいますか…まぁ、わたしの趣味ですね、はい。

ちなみに、この文字自分の字なんです。わたしが書いた字。
今日はこんな風に、画像に文字を入れて楽しむ方法を書いていきたいと思います。

え、待ってスマホに直接文字書くの?

いえいえ、違います。まず用意するのは、白い紙とペンです。白い紙というと裏紙だとか、ちょっとさっき書いて消した後がある紙とかではなく、なるべく真っ白の方が良いです。(後が楽)

ペンに関しては、色がついていてもついていなくても関係ないので、色はなんでも良し。その代わり、ペン先の太さにはこだわってくださいね。シルエットとして、文字が画像になった時に、自分の好きな太さ、雰囲気になるように選んでください。

後は、まず白い紙に、好きな太さのペンで、なんやらかんやら書きましょう。
文字でも良し、イラストでも良しです。色は塗らなくて大丈夫ですよ、輪郭だけでおっけー!

で、書き終わったら、まずはこのようにスマホのノーマルカメラでぱしゃり。フォントはテープをちぎった風で、TOKYOと描きました。ふふふ

ここからは、スマホアプリを使って説明していきます!

アイビスペイントの使い方

画像クリックでAppstoreにリンクできます

1.画像を読み込む

このアイビスペイントで、まずは画像を読み込みます。

マイギャラリーを開いたら、自分のギャラリーから、付箋に書いたイラストを読み込みましょう。

今回は、TOKYOと描いた文字イラストを、自分で撮った東京の夜景に貼り付けて行こうと思います!

で、次は、読み込んだTOKYOを加工していきます。

2.加工方法

線画中抽出はOKです。こうすることで、白黒の輪郭が残ります。先ほど、なるべくきれいな紙でって書いたのは、ここで線画抽出したときに、消し残しや裏うつりがあると、それも読み込んでしまうから。
※あとで消しゴム機能で消すこともできますが面倒なだけ(笑)

調整の仕方は、動画でお送りします!

このように、輪郭だけ残るように調整してみてください!

3.背景の消し方

ここを押して〜からの…

矢印のチェック柄の四角を押します。すると、背景をなくして当メイン位することができます。そうすることによって、画像にも書いてありますが、文字だけをスタンプのように使うことができるように…!!

4.色の変え方、塗り潰し方

文字を黒色のままで良ければ、ここはすっ飛ばしてください。今回わたしは東京の夜景に貼り付けるということで、文字色を白くしたかったので、「色の反転」をしました。

もちろん、塗りつぶし機能を使えば、カラフルにもできます!が、今回は中を真っ白に塗りつぶしました。

最後は保存の方法です。

5.保存の仕方

透明PNGで保存をすると、背景を透明にして保存できます。忘れずに選んでください!さて、東京の夜景写真に貼り付けちゃいましょう!

どーーーーーーーーーーん!!

こんな風に仕上がりました!いかがでしょうか?自分で書いた文字イラストを貼り付けて、ちょっとした作品が仕上がった気がします!

文字フォントをテープのように描いたのは、こだわり!

ま〜簡単にできるので、ぜひ遊んでみてくださいね!


おまけ

他にもイラストを描いて、同じように線画抽出を使ってから、内側の色を塗りつぶすと、こんな絵も描けちゃいます!

ですが、ここで注意点。イラストアプリは割と全て同じ仕組みですが、輪郭を描く時に隙間を作ってしまうと、塗りつぶしボタンを押した際に、背景も一緒に変わってしまうので気をつけてくださいね!

そういうときは塗り潰しではなく、ペンの機能でも良いかもしれませんね!

では、今回は、これにて終了〜〜〜〜〜〜
またね!