camera/photo

紫陽花が美しい千葉県のスポット3選!【その3】

こんにちは、どうもぺこです。前回は千葉県多古町にある「道の駅多古あじさい館」についてご紹介いたしました。紫陽花スポットについての記事は今回で最後になります。もっとおすすめできるところはありますが、とりあえず3つ!
(もしご要望があればコメントにお願いします!)

先週半ばから本格的に梅雨入りということで、じめじめした日が続いていますね…今窓の外を見てもしとしとと雨が降っています。洗濯物を外に干せない…!!!ですねぇ

ま!紫陽花などの自生率が高い植物にとって雨は貴重ですからね、仕方がない!
では参りましょう!


の前にひとつだけ!
ご紹介している3か所ですが、天候や気温によって、紫陽花の見ごろが終わってしまっている場所もあるようです。(道の駅多古はまた来年訪れてみてください)

今回ご紹介する服部農園は、山の斜面に咲いている土地になるので、その関係で太陽に照らされるのは午前中だけ。ですが、やはり千葉の南のほうということだけあって、もしかしたら見ごろは終わっているかもしれない…ということを、ご承知おきください。(ここは行く前に直接電話をしたら、何分咲きか教えてくれましたよ!)

場所によっては、そろそろ終わりな場合もあるので、最新の開花状況を調べつつ、(今度調べ方についてまとめます)来年行く場所の参考にしようかな~程度に読んでいただけると幸いです!(もっと早く書いたらよかった後悔!!)

③通称「あじさい屋敷」千葉県茂原市にある服部農園あじさい屋敷

 

「紫陽花屋敷」って名前気になりません?わたしは気になりました。なので一昨年、初めて訪れてみたのです。で、引き続き去年も行って、今年も行きたいところですが…タイミングが合わずまだ行けていません…

ここは、千葉県茂原市(チーバ君の体でいうと腕~手にかけて)にあります。
見つけられましたか?

出所: blogs.c.yimg.jp

ちなみに、昨年度担任していたクラスの子どもたちとは、千葉県内の各市町村の位置を「チーバ君の○○らへん!」と確認していました。
(例えば、千葉県野田市に関しては思いっきりチーバ君の鼻ですね)

都内や千葉の北のほうに住んでる人にとってはすこし遠出かもしれませんが、逆に神奈川経由で来られる人にとっては(強風等で通行止めになっていなければ)アクアラインを利用することができるので、道中で「海ほたるパーキングエリア」も楽しめたりもしますね!

コロナウイルスの影響で「海ほたるパーキングエリア」の営業時間が通常と異なっているようなので、お気を付けくださいね!(ページ下部に載せておきます)

服部農園あじさい屋敷ってどんなところ?

千葉県茂原市にある服部農園あじさい屋敷。正直、あじさい屋敷以外なにもないようなところにあるのです。

なんとここ、紫陽花およそ10,000株もあるんですよ?!そりゃ~美しいわけです。上の写真のように、様々な色の紫陽花に包まれて写真を撮ると、まるで自分も紫陽花になったかのようで、かわいい写真になりますよ!

カメラと写真が好きな方へひとつだけ!ここは午前中は紫陽花の正面から太陽の光が当たるのですが、午後になると太陽は山の後ろに隠れてしまいます。ですので、紫陽花に光を当てて写真を撮りたい方は、午前中にいくことをお勧めします!

でも、当たり前のことですが、遊歩道以外の紫陽花の隙間にどしどし踏み込んでいって写真を撮るのはNGです。紫陽花を踏みつぶしてしまったり、変に隙間があいてしまったり、茎が折れてしまう原因になるので、マナーには気を付けましょう。

場所ですが、茂原駅から車で向かうとなると、駅から続く大きな通りをぐ~っと南に進んだあたりですね。(だいたい過ぎる笑)地図でいうと… ↓

車で向かうと、あじさい屋敷よりも手前に大きな無料駐車場があります。地面は土だったと思うので、雨上がりの日は要注意です。でも、そこから歩いて数分で屋敷に到着することができます。

ここは、大きなお屋敷の門をくぐると一面に紫陽花が咲いている庭園を見ることができる場所です。敷地内には歩いて登れる程度の山?…丘?があり、針葉樹などと一緒に紫陽花が咲いています。

入口から遊歩道を歩いてたどっていくのですが、遊歩道の両側にも紫陽花。視線の先にも紫陽花。視線を挙げても山には紫陽花。…と、ひたすら紫陽花なのです。

満開の時期に当たれば、とっても美しい風景が目の前に広がるのです。

ちなみに、入って正面に見える低めの山にのぼるための階段も設置されていて、階段をのぼりながら、紫陽花をもっと間近で楽しむこともできるのです。

山の途中でも、道の分岐点などがあるので、様々な角度から紫陽花を楽しむのも良いですね!

ただ、ひとつだけ注意していただきたいことが…

あくまで「山」なので、地面は土です。雨が降った次の日の紫陽花は、水滴を滴らせていてとても美しいのですが、足もとが緩くなります。わたしが去年行った時は、雨の日の次の日だったのですが、すべりやすい道が封鎖されていたり、木の階段でツルッといったり…ということもありました。

ですので、行かれる際は、歩きやすい靴の方が安心かな、と思います。

また、とっても広い山…というわけではないので、人とすれ違う際も気をつけましょう。

紫陽花を楽しんだ後は…

実は。この服部農園あじさい屋敷、果物などを入り口で売っているのです。毎年メロンやスイカ、びわなど、お土産になるような果物だけではなく。その場で、園内のベンチでいただくことができるようなカットメロンなども売っています。

去年は、農園のおばちゃんから、美味しいスイカの選び方を聞いて、甘そうなスイカを買って帰りました。

あじさいを見るだけでなく、地産地消にも力を入れているところにも惹かれました。(安くて美味しい新鮮果物だいすき!!!)

服部農園あじさい屋敷についての情報

 

【アクセス】
1.電車とバス
JR外房線の「茂原」駅が最寄になります。その後、「茂原駅南口前」より、「南部(鶴枝)コースに乗車して25分程の「三ヶ谷神社」バス停で下車していただくと、徒歩3~4分程度で到着します。

2.車
圏央道茂原長南ICから茂原方面、南総広域農道沿いを進むと、約15分程度で到着します。東京からだと上部に記載してあるアクアライン経由で約1時間半程度です。

【住所】千葉県茂原市三ヶ谷719
【電話番号】0475-24-8511
【開園期間】6月1日~7月上旬
【開園時間】AM8:00~PM18:00
【料金】
大人(中学生以上)500円
子供(小学生)200円
団体(10名様以上)大人400円
【HP】http://ajisaiyashiki.la.coocan.jp/index.html

◎ページ上部にあります、海ほたるパーキングエリアについて

コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間が今までと異なっているようです。

1階~5階まである建物に、海やアクアラインを上から見渡すことができる展望デッキ、様々な食事処やお土産物屋さん、ここにしかない商品にも出会うことができる、とっても楽しいパーキングエリアです。

わたしも妹がまだ小さいときに家族で行ったな~なんて思い出しました。天気が良い日なんかは、海もきれいにみることができて最高ですよ!

ただ、風が強かったり、アクアラインを渡るのが危険だと判断されたりした場合には、通行止めになることもありますので、ご注意ください。
最新の交通情報をお調の上、ぜひ遊びに来てみてくださいね!


それではこれにて、紫陽花編おわりです!

千葉県、楽しいですよ!!ぜひ遊びに来てくださいね~ん!