camera/photo

紫陽花が美しい千葉県のスポット3選!【その2】

こんにちは、どうもぺこです。
前回は千葉県松戸市にある本土寺を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
本土寺だけではない千葉県の紫陽花スポット。今回は松戸市から北西の方角へ進んでみましょう。

 

②お買い物ついでに紫陽花はいかが?千葉県多古町にある「道の駅 多古あじさい館」

国道296号線沿いにあるこちらの道の駅は、川沿いで広い道路に面しています。駐車場も二か所あって、総収容台数はなんと普通車172台+大型車12台+障がい者用1台と…大規模!それほど人気で有名ってことですね。

ちなみに、成田空港第2ターミナルやJR東京駅~八日市場駅とをつなくバス等もあるので、様々なところからお客さんが来るそうです。

道の駅多古の紫陽花が美しい!

道の駅にある紫陽花って、本当にそんなに大規模なの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、とっても美しいのです!しかも川沿いにズラ~っと紫陽花が!だって何より、道の駅の名前に【あじさい館】って入ってますしね!

ひとつひとつの株も大きめで、同じ色や同じ品種だけでなく、様々な品種、様々な色の紫陽花が連なって咲いています。

ちなみに道の駅からすぐ紫陽花遊歩道の向かい側はツツジがきれいに咲いていました。わたしは向こう岸には渡らなかったのですが、小さなピンク色の花がとてもかわいかったです。

私がここで写真を撮っていたのは、ほぼ日没後だったので若干暗かったのですが(というか、撮っている間に暗くなってしまいました)川面に反射した向こう岸の電柱がアクセントになる写真を撮ることができました。

また、2,3歩下がってカメラを斜めに構えると、遠くまで続いていく紫陽花を川と一緒に撮ることができるので、そちらもおすすめです。

道の駅って超楽しい!

わたし、道の駅だいすきなんです。ここに限らず、どこかで見つけると必ずと言っていいほど立ち寄ってしまう。そんな魅力であふれている場所です、わたしにとって(笑)

なぜかと言いますと、まず第1に、新鮮な野菜や果物が安く買えるからです!!普段スーパーではこんな立派な野菜、こんな価格で売ってないでしょ~!!って値段で買うことができるのがとっても魅力的。そして、生産者の名前も書いてあったりするので、なんとなくですが安心。

あと、その地域での特産物をはじめ、特産物を使ったお菓子やおみやげ物、ちをょっと変わったドレッシングなど、普段近所のスーパーで見ることのできないような商品を知ったり、買ったりすることできるからです。
(今度お気に入りの道の駅特集やろうかな、需要あるかな?)

「道の駅 多古あじさい館」で美味しいごはんでもいかが?

道の駅多古あじさい館では、2015年にリニューアルしたキッチンTAKOにて、おいしいごはんを食べることができます。多古町といえば有名な多古米をはじめ、やまと芋、元気豚、新鮮野菜を使ったメニューなどがあり、とっても人気だそう!

里山の田園風景を眺めながら食べることのできる外のデッキは晴れの日は特におすすめ!のんびり青空のもとランチができるなんて幸せですよね!

そんなキッチンTAKOの詳細はこちら-------↓-----------

【営業時間】AM10:00~PM16:00(L.O平日14:30/休日15:00)
【メニュー】http://www.michinoeki-tako.com/info/foods.html

道の駅多古あじさい館の詳細情報

最後に、道の駅多古あじさい館の営業時間などを記しておきます!

【所在地】千葉県香取郡多古町多古1069-1
【電話番号】0479-79-3456
【あじさい館】…AM9:00~PM19:00(9月~3月は18:00まで)
【休憩情報コーナー】…AM10:00~PM18:00(9月~3月は17:00まで)
※駐車場やトイレは24時間利用できます。マナーを守って利用しましょう。
【駐車場】
第1駐車場 普通車 普通車70台 障害者用1台
第2駐車場 普通車100台、大型車12台
※大型車の駐車は第2駐車場のみとなります
【ホームページURL】http://www.michinoeki-tako.com/index.html


次回は、③通称「紫陽花屋敷」千葉県茂原市にある服部紫陽花農園についてご紹介いたします!

ではまた!